二方蒲鉾の歴史のご紹介

二方蒲鉾の歴史

History

プレミアムギフト
季節の贈り物
贈答商品
商品一覧
営業日カレンダー
2017年 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2017年 11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
facebookbar

トップ > 二方蒲鉾の歴史

  • 紙芝居で見る
  • 年表で見る
  • 01
    03
    05
    07
    09
    11
    13
    15
    17
    19
    02
    04
    06
    08
    10
    12
    14
    16
    18
  • 大正10年 現豊岡市瀬戸118-9において“二方滋次”が個人経営として創業。
    昭和18年 竹野町・香住町などの9業者により統制企業合同し、業務を続けてきたが終戦とともに解散。
    昭和23年 アイスキャンディ販売開始。毎年夏に気比ノ浜海水浴場販売するで二方アイスが有名になる。
    昭和25年 再び瀬戸118-9において個人経営として操業開始。 同時に鉄骨造りの工場及び冷蔵庫を 建設し、増産態勢を完備。
    昭和43年 ・郷土名産としての「かまぼこ」「錦城」などの真空包装製品の開発に成功。
    ・7月、資本金700万円で法人組織化し、同時に従業員福利厚生施設として、 社宅を建設。
    ・9月、皇太子殿下・同妃殿下 10月、天皇・皇后両陛下が豊岡を御通過された折に、
    弊社の「錦城」がいずれも献上されました。
    昭和46年 ・2代目“二方喬司”社長就任。
    ・300万円の増資をおこない、資本金1,000万円とする。
    ・12月、旧工場の狭隘により、同瀬戸757-1(敷地1,500平方メートル)に近代的な現工場を新設し、移転操業を開始。
    昭和55年 厚生大臣賞受賞
    平成元年 工場増築
    平成7年 ・阪神大震災、支援物資として3万本の竹輪を寄贈。
    ・冷蔵・冷凍庫新設。
    平成15年 3代目 二方効一 社長就任。
    平成21年 ・“二方蒲鉾直売店”オープン。
    ・第61回全国蒲鉾品評会にて「水産庁長官賞受賞」
    平成22年 第62回全国蒲鉾品評会にて「水産庁長官賞受賞」
    平成23年 ・第63回全国蒲鉾品評会にて「水産庁長官賞受賞」←【3年連続受賞】
    ・従業員福利厚生施設として新社宅を建設。
    ・「二方蒲鉾ネットショップ」オープン。
    平成25年 第65回全国蒲鉾品評会  「旬あご竹」水産庁長官賞受賞
    平成26年 第66回全国蒲鉾品評会  「旬あご竹」水産庁長官賞受賞
    平成27年 四代目二方道正 社長就任
    平成28年 第68回全国蒲鉾品評会  「濃香あご短冊」最高賞の農林水産大臣賞受賞
    平成29年 但馬産業大賞 受賞(キラリと世界へ輝く技術部門)
    − 現在に至る −
お電話、フォームからのお問い合わせはこちら